◆操作手順◆CS2の作業環境

 

※1 ファイル名

 

 

・拡張子を含め、31文字以内

・ファイル名……半角カタカナ、半角記号は(使用不可)

・アンダーバー[ _ ]および拡張子のドット[.]は使用可

 

 

 

 

 

※2 トリムサイズ(断ちサイズ)

 

ドキュメントサイズ誌面の仕上がりサイズが同じ状態で制作してくだい。

◆CS3以前の操作手順◆ フィルタ→クリエイト→トリムマーク

 

 

・誌面の仕上がりサイズのガイドを選択した状態でフィルタを実行します。

 

 

◆CS4以降の操作手順◆ ファイル→ドキュメント設定

・イラストレーターCS4以降は自動トンボ設定になります。

1.ドキュメントサイズ(=誌面の仕上がりサイズ)を入力

2.裁ち落としのダイアログを天地左右、各3mmに設定してください。

 

 

 

※3 追い込みサイズ 、※4 塗り足し

 

 

・裁ちサイズ……誌面の仕上がりサイズ

・追い込みサイズ……裁ちサイズに上下左右各3mmをプラスしたサイズ(塗り足し)

 

断裁時に文字が切れてしまう為、テキストは誌面の仕上がりサイズより天地左右各10mm内側に配置してください。

 

 

(宝島社のsmart11mm内側に配置)

 

 

 

※5 レジストレーション

 

レジストレーションカラー……CMYK各100%の設定

 

・フィルタ→クリエイト→トンボで設定したトンボは「レジストレーションカラー」になります。

 

 

 

 

※7 非表示設定

 

 

・レイヤーパレットの目のアイコンが全て表示されている事を確認してください。

非表示レイヤー不要なオブジェクトは削除

 

 

 

 

※8 アウトライン化

 

◆操作手順◆ 書式→アウトラインを作成

 

 

・制作時に使用したフォントは他のPC環境では正確に表示されません。

(アウトライン化することで全てのPC環境で表示可能)

 

 

 

 

※9 孤立点

 

◆操作手順◆ 選択→オブジェクト→余分なポイント

 

 

・孤立点の多くは文字ツールの余分なオブジェクトです。

(出力時のトラブルの原因になるため必ず削除)

 

 

 

 

※10 色設定

 

 

・CMYK……印刷物で使用する色の形式

・RGB……WEB等で使用する色の形式(使用不可)

・スポットカラー……特色(使用不可)

パターン設定したものは分割して入稿してください。

◆操作手順◆ オブジェクト→割・拡張

 

 

 

 

※11 画像配置

 

********************************************************************

弊社でデータチェック作業を行いますので、イラストレーターに

 

 

配置した画像は全て添付し、リンクを埋込まずに制作してください!

 

 

 

*******************************************************************

 

 

 

※12 EPS形式

 

弊社でデータチェック作業を行いますので、aiで保存してください!

 

・圧縮を使用をチェックする事でファイルが軽くなります。

 

 

 

 

※13 カラーモード

 

◆操作手順◆ ファイル→ドキュメントのカラーモード→CMYKカラー

 

 

・CMYK……印刷物で使用する色の形式

 

 

 

※14 TAC値

 

・TAC値……インク総量

・雑誌広告協議会の規定でCMYKの掛け合わせの総量を320%以下としています。

320%を超えた場合は不備データとなります。

■参考HPアドレス http://www.3djma.jp/qa/kiso_04_030_220.html

 

 

 

 

※15 ドキュメントのラスター効果設定

 

◆操作手順◆ 効果→ドキュメントのラスター効果設定

 

 

・カラーモード=CMYK

・その他=350%

 

 

 

 

※16 書類設定

 

◆操作手順◆ ファイル→ドキュメント設定→透明→高解像度

 

 

 

 

 

※17 カラーモード

 

◆操作手順◆ イメージ→モード→CMYKカラー

 

 

・CMYK……印刷物で使用する色の形式

・8bit チャンネルをチェック

 

 

 

 

※18 解像度(dpi)

 

 

・解像度……画像ピクセル密度。単位はdpi

・イラストレータでレイアウトの際、配置画像は80%〜120%の拡縮率で作成(原寸がベスト)

・解像度が低い場合、画像データが粗くなります。

・解像度が高い場合、画像データが重くなります。

・解像度は印刷時の線数の2倍の数値が適当とされ、

 雑誌の線数は175線のため画像の解像度は350dpiに設定する。

・線数……アミ点をつくるための細かさを示す。単位はlpi

 

 

 

 

※19 ICCプロファイル、※22 保存形式

 

・画像は、EPS、TIFF、またはPSD形式で保存

・画像データのフォーマットがTIFFまたはPSD形式の場合、レイヤーを統合する。

 

 

カラープロファイルの埋込=チェックを外す

・eps……ポストスクリプト言語形式

・eps形式は、ポストスクリプトプリンタでないときれいにプリントされない

 

 

 

 

※20 クリッピングパス平滑度

 

・クリッピングパス……切抜き画像を配置する際に使用

(有料で切抜きの代行サービスも有)

 

 

・ペンツールで切抜きたいオブジェクトのパスを作成→

パスパレットで「作業用パス」と表示される→右上の三角矢印から「パスを保存」を選択

 

 

・「パス1」が作成される→右上の三角矢印から「クリッピングパス」を選択

 

 

・パスダイアログで保存したパス名を選択→平滑度0.2

・平滑度……切抜きの滑らかさ

 

 

↑クリッピングパスが作成された状態

 

 

 

 

※21 レイヤー

 

・画像データのフォーマットがTIFFまたはPSD形式の場合、レイヤーを統合する。

 

 

↑レイヤーが統合された状態

 

 

 

↑レイヤーが統合されていない状態(使用不可)

 

 

 

 

※23 EPSオプション

 

・プレビュー=Macintosh(8bit/pixel)

・エンコーディング=ASCII85

 

 

↑全項目のチェックを外してください